2015年2月10日火曜日

危機は国家の増進剤

ロン・ポール(Ron Paul, 米元政治家)
――はしか予防接種と自由について。(2015年)
もし私がまだ現役の産婦人科医で、母親の一人が子供に予防接種をさせるつもりはないと言ったなら、思い直すよう説得するだろう。しかしもし説得できなければ、母親の判断を尊重する。政府にロビー活動をし、親の反対にもかかわらず子供に予防接種を命じる法律を作らせたりはけっしてしない。残念ながら、はしかの流行に対する最近のパニックによって、自称リバタリアンを含む多くの米国人が、すべての子供に予防接種を強制する新たな権力を政府に与えるよう求めている。〔略〕 
予防接種に関する親の判断に優先する力を政府に与えれば、必然的に他の自由も縛られることになる。結局のところ、もし政府の判断が親や個人の判断に優先するなら、私たちの生活のどの分野で政府の介入を排除できるだろうか。
# 人間は大小の危機が起こると、ともすれば政府権力にすがりつく。だから政府は危機を歓迎する。経済的、軍事的な危機をみずから作り出しさえする。危機は国家の増進剤なのだ。(木村)
If I were still a practicing ob-gyn and one of my patients said she was not going to vaccinate her child, I might try to persuade her to change her mind. But, if I were unsuccessful, I would respect her decision. I certainly would not lobby the government to pass a law mandating that children be vaccinated even if the children’s parents object. Sadly, the recent panic over the outbreak of measles has led many Americans, including some self-styled libertarians, to call for giving government new powers to force all children to be vaccinated.... 
Giving the government the power to override parental decisions regarding vaccines will inevitably lead to further restrictions on liberties. After all, if government can override parental or personal health care decisions, then what area of our lives is off-limits to government interference?...
出所:ronpaulinstitute.org

0 件のコメント:

コメントを投稿