2015年4月28日火曜日

QQEを永遠に続ければハイパーインフレ

日本に来て失望、中国よりも社会主義の国だった 行き過ぎた「平等」は社会の活力を失わせる
 正しい指摘。「格差そのものは問題ではない。富を得る正当性を説明できるかどうかである。正当な富であれば、その所有権は法的に保障されるべきである」

ソニーPS4、中国では闇ソフトが味方-ゲーム禁止14年間でゆがみ
 中国には市場経済が存在しないというのは誤りです。自然発生した闇市場は、もっとも市場経済らしい市場です。

ハーバード大学教授、学生の「ファイナンス業界就職」を嘆く
 富を得るには2つの方法があると重要な指摘。1つは自由市場で富を生むこと。もう1つは政治に働きかけて他者の富を自分のものにすること。才能ある人材が後者を選ぶ国は停滞。

村上春樹さん:時代と歴史と物語を語る みんな一生懸命生きている
 「テロリスト国家」をつぶすんだと言って、それを力でつぶしたところで、テロリストが拡散するだけ。作家にもわかることが政治家にはなぜわからないのでしょう。

違和感のあるフィッチの日本国債格下げ
 消費税を上げなくても景気が良くなれば税収は増えるとの見解。それ、そんなにうれしいことでしょうか。国民にしてみれば、がっぽり取られることに変わりはありません。

2年2%の目標未達、新たに期限設定を=野口専修大教授
 リフレ派の論客らしい主張に終始していますが、この発言には注目。「QQE〔量的・質的金融緩和〕を永遠に続ければハイパーインフレになってしまう」

あれから10年、耐震偽装事件のヒューザー元社長・小嶋進氏が暴露する「無実でも抹殺」の真実
 無実を示す録音テープを裁判所に証拠採用するよう申請したところ、検事が大声を張り上げ、裁判官まで威嚇しながら証拠採用に猛反対。理由は「裁判官が判断を誤る恐れがあるから」。検察官が指揮するかのような訴訟だったと執念の告発。

0 件のコメント:

コメントを投稿