2015年7月25日土曜日

きれいごとでない地方論


最近はNHKの里山資本主義をはじめ、地方の生活をやたらと美化した地方論が目立つ。しかしこのすばらしいマンガはそんなきれいごととは対照的に、イヤな部分も含めて、地方生活の真実を描く。

「俗悪で非文化的な」市街地。よそ者を受け入れない排他性。個人生活への干渉。大学を卒業してUターンしたものの、東京で編集者になりたいという夢を捨てきれない朝生は、故郷への嫌悪感といらだちを募らせる。

「わたしの未来…どうなるんだろう。こうやって時間を食いつぶしているうちに、自分の中で夢が死んでいくような気がする……自分だけがとり残されて干からびていくような気がする…」

しかしそれから三年半。悩みながらも地元で教師として日々働き、暮らすうちに、しだいに生きがいと地方のよさを見いだしていく。テレビ番組で語られるような派手な成功体験ではないし、また悩むことがあるかもしれない。でも悩むことも人生の一部だ。

「まわり道して、わたしは帰る。そして、新しい道を歩きはじめる。また、まわり道をするかもしれないけど――。それでもいいと、今は思う」

朝生だけでなく、おもな登場人物のひとりひとりがそれぞれの悩みを抱えた等身大の人間として共感をもって描かれる。読むたびに感動を新たにする作品だ。

アマゾンレビューに転載】

0 件のコメント:

コメントを投稿