2016年2月28日日曜日

〔翻訳〕国旗制定記念日を廃止せよ

評論家・ミーゼス研究所会長、ルウェリン・ロックウェル(Llewellyn H. Rockwell, Jr.)による記事(公開日不明)「国旗制定記念日を廃止せよ」(Abolish Flag Day)より。

<解説>

6月14日は、米国で国旗の制定を祝う記念日とされている。ロックウェルは、この日が歴史上、不必要な戦争を国民に支持させるためのナショナリズム煽動に使われてきた事実を指摘し、廃止するよう提案する。日本の国旗・国歌問題にも示唆を与える。

<抜粋>

保守主義の教義に反して、伝統がすべて守るに値するわけではない。
But contrary to conservative doctrine, not all traditions are worth keeping.

革新派のウッドロー・ウィルソン大統領〔民主党〕が米国の国旗制定記念日〔6月14日〕を初めて承認したのは、第一次世界大戦中〔1916年〕だった。明らかに、その目的は戦争の宣伝活動だった。
According to the Claremont Institute, it was in the midst of the wartime Progressive Era (the worst years in American history until the New Deal) that the dictator Woodrow Wilson gave the nod to the first Flag Day. Clearly the purpose was war propaganda:

〔1949年に〕国旗制定記念日を公式に宣言したのは〔同じく民主党の〕ハリー・トルーマン大統領だった。トルーマンは記念日を利用してナショナリズムを強め、ソ連に対する冷戦を支持させようとした。
An official declaration of National Flag Day occurred at the hands of Harry Truman, who used it as a way to solidify nationalist sentiment in favor of his Cold War against Russia.

国旗制定記念日は、暴政からの独立と自由という米国の伝統からほど遠い。狙いは、全国民を中央政府に忠実にすることである。
Far from being a day steeped in the American tradition of liberty and independence from tyranny, this day has been set aside so that we will all be loyal to the central government as it builds ever larger and more destructive bombs to control people at home and abroad.

独立記念日(7月4日)は、米国が果たした英国からの栄えある分離を祝う。独立記念日は、愛国心の本当の意味を教えてくれる。愛国心とは政府に忠誠を誓うことではなく、政府に反逆することである。
Well, that still leaves us with the Fourth of July, my kind of holiday because it is celebrates the glorious American secession from Britain. This holiday teaches us the true meaning of patriotism: not loyalty to government but revolt against it.

原文:https://www.lewrockwell.com/1970/01/lew-rockwell/abolish-flag-day/

0 件のコメント:

コメントを投稿