2016年3月3日木曜日

不偏不党は正しいか

# 政治的公平性を口実にした大臣発言にもっともな反発。ただし、そもそもジャーナリズムが掲げる不偏不党のスローガンに問題も。
--高市氏の電波停止発言に「私たちは怒っている」 田原総一朗氏、岸井成格氏らジャーナリスト6人が抗議
http://www.huffingtonpost.jp/2016/02/29/journalists-criticizes_n_9346558.html

# 「不偏不党」という一見自明のスローガンはもともと、メディアが権力の弾圧を避けるために始めたもの。
--民意が示したもの - (1)ジャーナリズム史 根津朝彦
http://www.kyoto-np.co.jp/info/seiji/minni/

# 新聞の不偏不党が生まれたきっかけ。「事態を重く見た大阪朝日新聞では…「不偏不党」の方針を掲げた。こうして大阪朝日新聞は、発行禁止処分を免れることになった。これは大阪朝日新聞の国家権力への屈服を象徴」
--白虹事件 - Wikipedia
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%99%B9%E4%BA%8B%E4%BB%B6

# 明治前期の大新聞(おおしんぶん)は政治的立場をはっきり主張。政府の厳しい言論統制により衰退し、不偏不党を標榜する新聞に取って代わられた。
--明治期のジャーナリズム
http://www.ab.auone-net.jp/~tsuka21/theme/journal.html

# 不偏不党のスローガンを放棄し、立場を明確にした興味深い試み。
--神奈川新聞の「偏ってますが、なにか」宣言が話題に!記者・アーティストら絶賛
http://matome.naver.jp/odai/2144497390062586601

0 件のコメント:

コメントを投稿