2016年7月13日水曜日

〔翻訳〕自由貿易と平和

国際的分業(international division of labor)と、貿易による相互利益に対する理解は、より平和な世界の形成に貢献しうる。繁栄を築くには武力侵攻や軍事力に頼る必要はないという理解が、人々や各国の間に広まるからだ。
https://mises.org/library/cobden-freedom-peace-and-trade

帝国主義(imperialism)の背後にある経済的論拠(国内で吸収できない余剰商品を処分するため、「市場」を確保しなければならないという考え)が根本から誤っていると多くの人が認識すれば、海外侵略という冒険は色あせて見えるだろう。
https://mises.org/library/cobden-freedom-peace-and-trade

保護主義はあらゆる人(一定の特別利害関係者を除く)を貧しくするだけでなく、国際的な緊張(international tensions)を高め、戦争に導きかねない。
https://mises.org/library/case-free-trade

レーニン(Lenin)によれば、戦争とは資本家と労働者の対立の国際版である。ミーゼスによれば、資本主義の基礎はあらゆる人々に恩恵をもたらす交換と相互協力である。資本主義は商業のネットワークを築き、相互依存をもたらす。
https://mises.org/library/bastiat-was-right

自由貿易は、人々がもはや平和を信じなくなったときには、戦争を防ぐことができない。自由貿易の前提は、人間の関係は自発的で互いの合意(mutual consent)に基づかなければならないという考えである。
https://mises.org/library/can-free-trade-really-prevent-war

0 件のコメント:

コメントを投稿