2016年10月23日日曜日

〔翻訳〕大企業は規制がお好き

Peter G. Klein, How Regulation Protects Established Firms(規制が既存企業を守る仕組み)より抜粋。

既存の大企業(established companies)はしばしば規制の強化を求める。ロビー活動を行い、与野党双方の政治家にたっぷり献金する。政府が経済で大きな役割を果たしてくれると、好都合なのだ。

規制(Regulation)があると、企業の多くは必要以上に規模が大きくなり、官僚化する。

規制は政府にコネのある大企業の助けになる。興味深いことに、それを当事者が堂々と語っている。政府と密接につながり、第四の権力と呼ばれるゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)のトップがである。

ゴールドマンのブランクファイン(Lloyd Blankfein)最高経営責任者(CEO)は語る。「金融業界は新規参入で既存企業に割り込むのがとても難しい。理由は簡単、規制が多いからだ。…規制は厄介だけれど、堀の役目を果たしてくれることがある」

規制は新規参入に対し効果抜群のバリア(very effective barrier)になりうる。複雑きわまる規制が理解できない? 政府にしかるべきコネがない? 暗黙のルールを知らない? お気の毒さま、あなたはその業界に向いていない。

0 件のコメント:

コメントを投稿